リモートプレイ

OMEN POWER.
ANYWHERE.

OMEN電源。どのデバイスでも。
OMEN電源。どのデバイスでも。

OMENが備えるゲーミングパソコンとしてのパワーを、全てのWindows 10 パソコン※2に対してセキュアな環境で開放する機能です。
OMENの他に高速インターネット環境ともう1台のWindows 10 パソコンがあれば、いつでもどこでも遅延の少ない快適なゲーム環境が、追加のハードウェアや追加の月額費用負担を伴わずにプレイできます。

コーチング

PLAY SMARTER.
TRAIN HARDER.

もっとスマートにプレイを。もっとハードに鍛えろ。
あなたはLeague of Legendsで実力を発揮できていますか?
OMEN Command Centerは、Mobalyticsが提供する人工知能による解析ツールであなたのゲームスキルを評価します。
プレイヤーの長所と短所を視覚化したパフォーマンスインデックスで目標を設定し、課題の克服や、長所を活かした戦略立案にも貢献します。
マイゲーム

Play way better.

Steam、Epic Games Store、Origin、UPLAYのライブラリを管理する機能。ゲームランチャー、プレイタイムの管理が出来る様になります。
マイゲーム

ランチャー

様々なプラットフォームからインストールしたゲームを起動する最も簡単な方法の一つです。 タイトルを並べ替え、移動、カスタマイズが可能です。

プレイタイム

プレイタイムをトラッキングします。集中力の維持と健康管理の為にも定期的な休憩を行う様にしましょう。
照明

YOUR LOADOUT.

 YOUR WAY.

照明

LEDコントロール

OMEN PCや一部のアクセサリーのLEDライティングの設定が可能です。予めプログラムされた複数のパターンから選択し、自分だけのライティングエフェクトを楽しめます。

SYSTEM VITALS

OMENのコンディションやステータスを動的に表示する事ができます。

CPUとGPUのそれぞれの使用率、温度、メモリの使用率、ネットワークの状況、LEDの表示モードの状態等を、車のダッシュボードに表示されるインパネの様に直感的なインターフェースで表示します。

INTELLIGENT OVERCLOCK

オーバークロックに関するパラメータを自動算出するアルゴリズムにより、最適な値で設定することが可能です。

もちろん自分の経験則からマニュアルで設定することも可能です。※3

ネットワークブースター

ゲームに関連するトラフィックは有線ネットワーク、無関係のブラウザ等は無線LAN、もしくはブロックする等、ユーザーがこれらの割り当てを任意に変更することが可能になる「デュアルフォース」機能により、ネットワークのレイテンシの問題を軽減します。

パフォーマンスコントロール

ファンのスピードをコントロールする事ができます。ファンスピードを下げて静寂な環境、ファンスピードを上げてフレームレートを向上させる等、利用シーンに合わせて選択できます。※4
  1. Remote Playのご利用には、サポートされているホスト用のOMEN PCおよびクライアント用PCが必要です。クライアント用PCの最小要件は以下のとおりです。
    Windows 10 Fall Creators Update(Windows 10バージョン1709)以降
    CPU:インテルCore i5以上(第5世代以降)
    GPU:インテルHD 4000/NVIDIA 8000シリーズ/AMD 2000シリーズ以上(および最新のグラフィックス ドライバー)
    メインメモリ:4 GB(DDR3)
    上記要件のほか、インターネット回線速度がアップロード、ダウンロード共に10Mbps以上、無線LANの場合は周波数帯が5GHzである必要があります。
  2. Windows 10 Fall Creators Update(Windows 10バージョン1709)以降
    CPU:インテルCore i5以上(第5世代以降)
    GPU:インテルHD 4000/NVIDIA 8000シリーズ/AMD 2000シリーズ以上(および最新のグラフィックス ドライバー)
    メインメモリ:4 GB(DDR3)
  3. クロック周波数および/または電圧を変更すると、以下のことが生じる可能性があります。
    システムの安定性の低下、システム、プロセッサー、その他のシステムコンポーネントの耐用年数の短縮。
    プロセッサーおよびその他のシステムコンポーネントの障害。システムパフォーマンの低下。
    さらなる発熱またはその他の損傷。(v) システムデータの完全性への影響。
    HP およびインテルは、仕様を超えたプロセッサーの運用について、テストを実施しておらず、保証もしておりません。
    HP およびインテルは、業界標準の仕様を超えたその他のシステムコンポーネントの運用について、テストを実施しておらず、保証もしておりません。
    HP およびインテルは、変更されたクロック周波数および/または電圧で使用した場合を含めて、プロセッサーおよびその他のシステム コンポーネントが特定の目的に適合するかについて責任を負いません。
  4. 一部のモデル

00:00

00:00